第3回小学生でも作れるワードプレス作成講座〜ドメインの取り方!〜

WordPress入門ドメイン取得

はじめに

令和元年!おめでとうございます。新しい時代の幕開けですね!一体どんな時代になっていくのか今からワクワクしますよね!これからの時代は、小学生でも自分のメディアを持って発信できる社会になっていきます。そのための準備として、始めた「https://riricoi.style/wordpress01/小学生でも作れるワードプレス作成講座」。さて、前回は「小学生でも作れるワードプレス作成講座〜準備編〜」では、ワードプレスを始める前に準備しておくことをお伝えしました。

前回の講座のまとめ

  1. インターネット回線が自宅に引かれているか確認しておく
  2. 自分、もしくは親のメールアドレスを用意しておく
  3. ドメインを取得しておく
  4. レンタルサーバーの契約をしておく

ドメインの取得方法

第3回目となる今回は、ドメインの取得方法についてお話しします。ワードプレスでブログを開設するために必ず必要な工程です。頑張って最後までおつきあいくださいね。誰でも手順通りやれば必ずできますので!

ドメインが取得できるお名前.comへアクセス

まず、ドメインが取得できるサービスを提供しているお名前.com のサイトへ下記のバナーからアクセスが可能です。



ドメイン検索

お名前.comのサイトへアクセスすると下の画像のようなページになります。自分のブログの住所となる名前を決めましょう。

Riricoi Styleのサイトでいうと

https://riricoi.styleの「riricoi」の部分です。

今回は仮のタイトルとして「shimaumapanda」と入力してみます。

検索すると下記のような画面になり、購入可能のドメインがずらりと並びます。下記の結果で選択項目がチェックできるものは購入できるドメインとなります。

ドメインを選ぶ時のポイント

ドメインを選ぶ時のポイントとして、「.com」「.jp」「.xyz」「.ed」「.org」などがありますが、予算に合わせて好きなドメインを選んでOKです。

ただし、「ed」は、教育関係、「org」は組織団体機関という一般的なイメージがありますので、個人ブログなら「.com」「.jp」などがいいでしょう。Riricoi Styleはブログのタイトルが「Riricoi Style」だったので、ドメインを探していたところ「.style」というドメインが使用可能だったので、「riricoi.style」に決めました。

わかりやすさ、シンプルさがポイントとなります。

ドメイン購入

ドメインが決まったら、購入手続きに入ります。小学生の方は、クレジットカードなどないので、保護者の方と一緒に手続きをしてくださいね。

Who is 情報公開代行メール転送オプションのチェック

クレジットカード情報を入力する前に、「Whois情報公開代行メール転送オプション」という項目欄にチェックを入れておきましょう。これは、情報公開に関する手続きを匿名でやってくれるサービスです。このチェックを忘れると、大量の迷惑メールが送られてきたり、個人情報流出のリスクなどが出てきます。

個人情報入力と支払いで手続き完了

ここまできたら、あとは、クレジットカード情報を自分の情報を入力して支払いを済ませればドメイン取得完了です!

最後に認証を忘れずに

全ての手続きが完了すると、お名前.comに登録したメールアドエスに登録を完了するための認証メールが届きます。手順にしたがって、認証をしてください。

認証をしないと、今までの手続きがなくなっちゃうので、気をつけてね!

お母さん

全てのID、パスワードは必ず保管

ここまできたらドメイン取得が完了です!お疲れ様でした。一つとても大切なことをお伝えします。次はレンタルサーバーの契約になりますが、今後ワードプレスを開設するために、いろんなサービスに登録をしていきます。全てのログインIDとパスワードはメモを取って保管しておきましょう。

インターネットで買い物や銀行取引をするときに必ずIDとパスワードは必要になります。今からIDとパスワードの管理をしっかりとしておきましょう。

それでは、ドメイン取得の口座が完了です。

さっそくお名前.comでドメイン取得

今すぐ登録!無料メルマガ「橋本雅アフィリエイト講座」」

 


人気ブログランキング

4つの自由が手に入る
アフィリエイト
完全マニュアル本
無料プレゼント