押さえておきたい沖縄の言葉「うちなーぐち」

うちなーぐちとは?

『うちなーぐち』とは沖縄の方言のことを言います。沖縄本島だけでもエリアごとに語られる言葉が微妙に違い、離島ともなると単語から違うということも。非常に奥の深い言語です。観光旅行の時に耳にする「めんそーれ」「はいさい」などの他にどんな言葉が日常で使われているかを移住前に押させておきましょう。

あいさつ

めんそーれ

沖縄に訪れたことがある人が一度は耳にする言葉「めんそーれ」。沖縄の言葉で「ようこそ、いらっしゃい」という歓迎の意味を表す言葉です。それに対する言葉でごめんくださいを意味するのが「ちゃーびらさい」。誰かの家に招待された時など使ってみるといいでしょう。

はいさい・はいたい

こちらも沖縄に訪れたことがある人でもない人でも聞いたことがあるメジャーな言葉。「こんにちは」の意味。移住するまで知らなかったんのですが、男性が使う言葉が「はいさい」、女性が使う言葉が「はいたい」となっています。

ちゅーうがなびら

「はいさい」「はいたい」は友人や身近な人に対して使われるポピュラーな挨拶の言葉ですが、「ちゅーうがなびら」は目上の人や公式な場所での挨拶などに使われる言葉。定型句として「はいさい、ぐすーよー、ちゅーうがなびら」として使われる。「こんにちは!みなさん、ご機嫌いかがでしょうか」と捉えておけばOK

にふぇーでーびる

BEGINの歌の歌詞にもよく出てくる「にふぇーでーびる」は「ありがとう」の意味。「にふぇーでーびたん」は「にふぇーでーびる」の過去形。

感嘆の言葉

でーじ

「でーじ」は沖縄に移住すると日常的に本当によく耳にする言葉です。「大変」「とても」に近いニュアンスで使われます。大変なことになっていることを「でーじなとん」と言います。

しに

「でーじ」の最上級といいますか、同じ意味合いですが強度が強い言葉です。また「でーじ」のスラングとして認識しておいたほうがいいでしょう。若者の間でよく使われる言葉ですが、保育園や学校では「しに」という言葉はありませんと我が子たちは注意を受けたことがあるようです。

あきさみよー

「あきさみよー」はびっくりした時に使う言葉。英語でいうところの「Oh My God!」的な位置づけ。この言葉はエリアごとに変化が見られ「あっさみよー」「はっさみよー」などがあります。似たような言葉であれば「ああ、びっくりしてるんだな」と捉えておけばOK!

アイ!

何かを忘れた時、失敗した時に使う言葉「アイ」。しまった!という意味。あ約束を忘れていた時などに「アイ!わすれた〜」という感じで使います。

やっさー!

相槌をつく時に使われる言葉。「でーじ」+「やっさー」で「でーじやっさー」は「大変だな〜」というふうに組み合わせて使うことも。「そうそう」というように「やっさ、やっさー」と使われているところを耳にします。

だからよー!だからね〜!

会話をしている時に相手の発言に同調する時に「だからね〜」「だからよ〜」と使う合いの手。「だからね〜」のあとに「なんでかね〜」とつけられたらそこから会話を掘り下げないという暗黙のルールがあるほど、そこまで語られていた内容にピリオドが打たれます。

だーる・だーるばー

こちらも会話同調する言葉で、地域愛の強めな若者(つまりマイルド○○○ー)に多く使われる表現「言えてる〜!」「だよね〜!」的なノリ。ローカルテレビ番組でも使用頻度が高め。やんばるの国頭村(くにがみそん)にダールバーというバーがあるのですが、きっと「だーるばー」から来てるのではないかとここ数年密かに思っています。

ちゃー!

時間を表す表現「いつも」「常に」というパーマネントな意味合いをもつ。「ちゃーがんじゅう」は「ちゃー(いつも)」「がんじゅう(げんき)」いつも元気と言う意味になります。

てーげー!

感嘆の言葉ではありませんが、よく使われる言葉で「てーげー」をご紹介。「たいがい」「まぁまぁ」「そこそこ」「適当」「ほどほど」な漢字。ゆっくりとした島時間にあった言葉です。

ばー

「ばー」を動詞や形容詞の後につけることで質問、投げかけの言葉になる。「行くば〜?(行くの?)」「こわいば〜?(こわいの?)」こちらもうちなーぐちという位置付けではなく沖縄の若者が使う言葉として知られています。

ぐわー

「ぐゎー」は漢字で表現すると「小」をぐゎーと読むのが沖縄。ただこの言葉は少し難易度が高く、ものや人の名前の後につけて使うのですが、使う人のさじ加減が必要となります。「あめぐゎーたべるばー?」「飴たべる?」となるので、ぐゎーを訳すことはあまりないですが、その飴が小さいんだろうなと言う見当をつけることができます。

食事に関する言葉

じょーぐー

大好物という意味をもつ「じょーぐー」。雑誌やテレビなどでよく使われます。「すばじょーぐー」は「そば大好物」、「サキジョーグー」は「酒大好物」という漢字。

あじくーたー

「あじくーたー」は味が濃い料理のことを言います。ウチナンチュは薄味が好み。ちょっとでも味が濃いなと思うと発せられるのがこの言葉。ただし、最近の中部エリアの飲食店は「あじくーたー」な店が増えているなという印象。

カメー

「カメー」は「食べなさい」という意味の言葉で、おばぁやおじぃが可愛い子どもたちに使う言葉です。年長者をリスペクトするウチナンチュはなかなかこれを断れずに困ることもしばしば。年長者からの優しい「カメー」の気持ちも、いつしか「カメーカメー攻撃」という共通語が生まれるほど。たとえ年長者でもお腹がいっぱいになったら「もうおなかいっぱいです」と言える勇気を持つのが沖縄で長く暮らすには必要なポイント。

あちこーこー

出来たてのあつあつの状態のことを「あちこーこー」と表す。「あちこーこーの豆腐はいかが〜?」などスーパーで出来たての豆腐を売る販売員の言葉で耳にすることもしばしば。

まーさん

うちなーぐちで「まーさん」は「おいしい」のこと。「おいしいもの」のことを「まーさむん」といいます。

ちゃんぶるー

全国的に知名度の高い沖縄メニューといえば「ゴーヤーチャンプルー」。「チャンプルー」は混ぜ合わせた調理法のことを言います。料理界では豆腐をいれた炒め物ことを「チャンプルー」といい、豆腐を入れない炒め物を「タシヤー」と言います。「ソーメンチャンプルー」という料理も厳密にいうと「そうめんタシヤー」になるというちょっとした豆知識。

うさがみそーれ

「うさがみそーれ」は沖縄の言葉で「召し上がれ」という意味。最近の沖縄の家庭ではあまり使われない言葉になって来てはいるが、沖縄料理店などで言われることも。

くわっちぃさびら

沖縄の言葉で「くわっちぃ」は美味しいを意味します。「くわっちぃさびら」は「いただきます」。ごちそうをいただきますという意味で使われ、現代でも保育園や学校給食の前に使われることば。ごちそうさまは、「くゎっちいさびたん」。