沖縄移住で一番たいせつなこと

沖縄の海 | Riricoi Style

はじめに

こんにちは!沖縄移住歴9年目を迎えたriricoiです。今回は、沖縄へ移住して9年が経った今だからこそ言える「沖縄移住で一番たいせつ」だと思うことをお話しします。移住に関して雑誌やメディアでは極端な成功事例と、失敗談ばかりで溢れていて、実際どうなんだろうか?と疑心暗鬼になっている方もいるのではないでしょうか。Riricoi Styleで二番目にたくさんの方に読まれている「沖縄移住に向いている人、いない人」の記事でもお伝えしましたが、9年目を迎えた感想は、気がついたらそうなっていたという感覚が強いということです。そして、筆者自身、この問いに愚問を感じてはいます。9年目を迎えていても果たして成功かという実感があるわけではないからです。ですから、これから知らない土地へ移住する人に一番たいせつなことをお伝えします。

この記事はこんな人にオススメです。

  • これから移住を予定している人
  • 将来的に移住を考えている人
  • 漠然と今の暮らしを変えたい人

移住に必要なこと

沖縄へ移住を考えている人にお伝えした、「沖縄移住に必要なこと」を参照にしていただけるとわかるのですが、とにかく「身軽になる」ことです。今まで培ってきた人脈、今まで持ち続けてきたモノなど、新天地の暮らしで必要のないと感じるものは全て引越しの時にサヨナラをするのが基本。なんのために沖縄へ移住するのかを向き合いながら、モノとヒトの整理をしましょう。

沖縄移住で一番たいせつなこと

沖縄へ移住し9年目を迎える筆者が考える沖縄移住で一番大切なことは「目的」を持ち続けること。筆者の移住の経緯は「自己紹介」で少し触れていますが、当時、移住を決断した時の目的を持ち続けることと、小さな目的を達成した時にまた新たな小さな目的を掲げることを心がけています。沖縄へ移住し、失敗してしまう人の多くは「人間関係」「お金」の問題です。そのトラブルが生じた時に「移住した目的」を維持していないほど、沖縄から離れていきます。どこで暮らしていても人と人が関わりあう以上、なんらかのストレス、トラブルが発生します。また、「孤独感」に耐えられなくなる人も少なからず存在します。閉鎖的な島社会でなかなか現地の地域の人と繋がることができない焦りなどが孤独感を助長してしまうのです。そんな時、「移住した目的」を達成しているのかどうかセルフチェックをしてみることをオススメします。移住で一番大切なことは

「目的」を持ちつづけること

沖縄で移住生活を続けているとどうしても訪れる「移住の壁」というものが存在します。その壁を乗り越えるのは、他の誰でもなく自分自身でしかありません。また、乗り越えず違う道を選択することができるのも自分自身です。自分で掲げた目標がどの程度達成できているのか、このまま移住を続けていてその目標が達成される見込みがあるのかどうかは、年に一度見直してみることをオススメします。もしまだ達成されていなくて目的達成に向けてこの場所で頑張ることを決意するならば、今目の前に立ちはだかっている壁が、目的を達成するために超えなければならないものなのか、一旦横に置いておくことが可能なのかを冷静に判断して今自分がすべきことから手をつけることをオススメします。

移住生活で失敗しやすい人の傾向は「移住すること」自体を目的としてしまうことです。この辺りのことは「沖縄へ移住する前に心得ておくべき点」に記していますので、ご興味のある方はお読みください。

沖縄移住で孤独を感じた時にやっておきたいこと

沖縄は島社会です。基本的に温厚でウェルカムな人たちで構成されていますが、島社会ゆえの絆の強さに「ナイチャー」は疎外感を感じることも多いと思います。そんな時は、そう言った状況から自分の身を置く環境を変えて、自分を磨く為の時間の費やし方を模索してみてください。あなたが孤独を感じて自分を磨くために本を読んだり、映画を見たり、何かの知識を専門的に入れてスキルを磨いていくことで、自分の価値があげられます。孤独感に襲われたり、対人関係で悩み始めたら、自分のために時間をかけてあげましょう。それがいつか使える武器となります。

具体的にどんなことができる?

自分への投資は、これから先とても重要なポイントとなります。海外では、社会に出てからも自分へのスキルアップへの時間的、金銭的投資はかかしません。理由は、日本のような終身雇用制度ではないからです。常に価値のある人間、プロジェクトの達成する能力のある人が労働市場で選ばれていきます。日本社会は、その人が「何を言ったか」で判断されることが多いのですが、他の社会はその人が「何をしたか」で判断されます。ここが大きく日本社会と乖離している部分です。日本のような村社会で生きていきたいのか、自分の実力で未来を切り開いていきたいかでやり方や生き方はだいぶ変わってくると思います。

それは「間違い」じゃない

上記で掲げたことは、どちらを選択しても間違いではありません。自分の生き方がどのタイプなのかで決まります。日本的社会で年功序列の終身雇用(たぶんそろそろなくなりつつある)に身を委ねて定年、年金生活まで頑張って働くのか、起業なり、自分の事業を遂行するなり、副業で資金を作るなど実に様々な生き方が現在存在しています。

移住生活では金銭問題も常に頭を悩ます問題となります。全国最低賃金が一番低いとされる沖縄で再就職を得たとしてもそれだけでは中な安定した生活はできないでしょう。

ならば、安定した収入の他に資産を作るという発想も移住を維持していくために必要な思考と考えられます。パソコン1台で今は資産をいくらでも生み出すことができます。ちょっとしたライティングスキルと、パソコン一台で人生を変えていく準備を孤独を感じた今、将来に不安を感じた今こそスタートさせるべきことだと考えます。今は、ネットで情報がなんでも手に入りやすい時代です。沖縄は働いていないんじゃないかという人が実にたくさんいます。まずは、ブログを解説する、手持ちのいらなくなった物をメルカリに出すなどできることからスタートしてみませんか?

【下克上∞(MUGEN)】~トレンドアフィリエイト教材~

まとめ

この記事でお伝えしたかったことは、

  • 「移住」をつづけるために必要なことは「目的」を持ちつづけること。
  • 「移住すること」を目的としないこと
  • 孤独を感じている時こそ自分を磨くチャンス
  • ブログ、メルカリなどできることから資産づくり

パソコン一台でお金を稼ぐ方法

初心者でもはじめられる簡単アフィリエイト!

パソコン一台でお金を生み出す方法の一つアフィリエイトについて詳しく説明しています。ご興味のある方は下記のリンクへお進みください。

アフィリエイトについて素手のご存知で初めていらっしゃる方で、まだ納得いく結果を出せない人は、やり方を見直す必要があります。

そのやり方を見出す無料メルマガと「お金」「人間関係」「場所」「時間」の4つの自由を獲得できるノウハウ本を無料プレゼント!