心とカラダがよろこぶ本格スパイスカレー パルミラ【沖縄市】

スパイスカレーパルミラ

かつて賑やかだった古き良き街並みの名残が残るコザという名で愛される沖縄市。戦後アメリカ文化の影響を強く受けたエリアでもあり異国情緒ただよう街並みが「古き良きオキナワ」を思い起こさせます。最近エッジな若者たちによって新たな息吹をもたらすスポットに「本格スパイスカレーパルミラ」はあります。パルミラは、沖縄市中央の「パルミラ通り商店街」にあります。近隣にはアメリカ兵で賑わう有名なタイ料理店や、ボブ・マーリーが訪れたことのあるカフェなどディープなオキナワを楽しめます。提携駐車場に駐車すれば割引チケットで1時間無料の嬉しいサービスも。

所在地&アクセス情報

住所/沖縄県沖縄市中央1−17−21
営業時間/12:00〜21:00
定休日/日曜
電話/098-923-4088

本格スパイスカレーの魅力

2018年にオープンしたばかりのスパイスカレーパルミラのカレーを食すのはこれで4回目。一口入れると不思議なだしの香り。そう、こちらのカレーは鰹出汁を使っているというなんともユニークな味わい。鰹出汁が味わいを深めるのか、食べていくうちに、もう一口、もう一口と自然とスプーンが動きます。

メニューは定番のポークカレー、骨つきチキンカレー、旬の野菜のカレー、日替わりカレーなどの中から2種類選ぶスタイル。ランチタイムにはコーヒーやチャイ(豆乳も可)も胃にサイズでついてきます。大きなお皿の中央にターメリックライスが盛られ、2種類のカレーが両サイドにバランスよく盛り付けられ、旬の野菜が付け合わせで乗せられています。トッピングには味玉やパクチー、辛いピクルスなど追加でオーダーすることも可能。筆者は必ず辛いピクルスを頼みます。

独自で研究した配合のスパイスをふんだんにつかい、和風だしをしっかりと聞かせ滋味深い味わいに仕上げている他にはない本格的スパイスカレー。これからの季節、暑い沖縄で、ほとばしる汗を拭きながら、体がよろこぶパルミラのスパイスの世界を実感してみてください。一口、ふたくち進めていくと勢いが止まらなくなるほど癖になる味わい。気がつけばあっという間に完食。ああ、こうやって原稿を書いている今まさにまた食べたくなっているのです。食べたばかりなのに。

ヴィーガンフードの入り口的存在

もう一つの魅力は、パルミラのオーナー夫妻は、那覇市にあるオーガニックワインと島野菜が楽しめるレストラン「浮島ガーデン」で飲食の経験を積んでいます。そこで動物性食品を使わないヴィーガンの世界には一定いくわけですが、自分たちでお店をする場合、たくさんの人にヴィーガンという世界を知って欲しいという気持ちから、チョイスできる敷居の低い店にしたいという思いがあって、今のメニューに至っています。確かにヴィーガン専門にしてしまうとヴィーガンの人たちばかりが集う場になってしまいますが、「おいしい」をキーワードにあつまった先に、ヴィーガンがある、そんな優しい世界感が二人の人柄とともに店内に広がっています。

ランチタイムは満席の場合も!

コザの中央パークアベニューというエリアは、まだまだ昼間のシャッター街が多いエリアともあって、なかなか一人で行くのが苦手という人も多いのですが、パルミラ通り商店街はそんな感じが全くないのが行きやすさのポイント。カウンターもあり、女性一人客でも安心してカレーを楽しめる空間となっているのでランチタイムは人通りが少ないエリアなのに客席はいっぱい!なので、ランチタイムを狙うならオープン時間に合わせるか少し遅めの時間帯を選ぶのがオススメ。でも売り切れてしまうメニューもあるので、初回は12時ジャストを目指してみて。

そのほかの沖縄オススメ本格カレー情報

今回ご紹介したスパイスカレーパルミラ以外にも沖縄では本格的なカレーが楽しめるお店が南部から北部まで点在しています。香り高いスパイスに食欲をそそられるカレーを求めて沖縄縦断の旅もオススメです!