超簡単!softbank回線のiphone6sを今すぐSIMロック解除と格安SIMにする方法

今すぐできるSIMロック解除

沖縄移住8年目の主婦が伝える沖縄移住、携帯節約事情についてのお話です。

この記事は、こんな方にオススメです。

  • 今だにメジャー通信企業回線でiphone使っている人
  • 携帯月額料金が7000円以上の人
  • iphoneを安く使いたい人

この記事を読むと、こんなことがわかります。

  • オススメの格安SIM
  • SIMロック解除方法
  • LINEMobileへ移行

携帯電話セルフチェック

格安SIMに移行する前にやるべきこと。

  • 自分の携帯電話の毎月の通信量を調べる。
  • LINEモバイル公式からシミュレーション。
  • MySoftbankマイページのログインパスワードがわからない人は再取得しておく。
  • 契約更新月の確認(更新付きでない場合解約手数料が発生します)

【SoftBankスマホ】SMART PHONE STORE
まず、自分が毎月どのくらいデータを使用しているのかをチェックします。確認方法は、MySoftBankにログインして確認するか、電話で問い合わせるか窓口で確認するか毎月の利用明細で確認できます。
格安SIMを選択します。今回はLINEモバイルで説明します。
リンク先のLINEモバイルのサイトへ行き、自分にあったプランをシミュレーションし、いくつかのプランから選択します。

因みに私は、毎月のデータ使用量が3G未満だったので、コミュニケーションフリープラン(3G1690円)を選択し、仕事で電話も使うので、10分かけ放題プラン (880円)をつけて月額2570円のプランです。

 

今まで月額8000〜9000円の支払いだったのが2570円になります。

つまり、

毎月約6000円のコストダウン!

年間 約72000円!

夫婦で年間約144000円の節約!

 

これは、移行しない手はありません。

 

LINEモバイル申し込み

LINEモバイルのプランが決まったら申し込みをします。申し込み後数日後に格安SIMカードが送られてきます。

現在使っているiPhoneをそのまま利用したい場合、その間にやっておくべきこと。

  • SIMロック解除(同じSoftbank回線を使用する場合でも、格安SIMカードにする時点でSIMロック解除しておくと、あとあとSIMカードを変更する場合など面倒になりません。)
  • MNP(今使っている電話番号をそのまま使いたい方は、MNP転出手続きを行います)

上記はMySoftBankから手続きをします。窓口の場合、SIMロック解除は手数料3240円がかかります。MNP転出手続きにも手数料がかかります。

softbankからMNP転出の予約番号を取得したら、LINEモバイルのマイページに予約番号を入力します。その後、格安SIMカードが届いたら、iPhoneのSIMカードを取り除き、新しいSIMカードを差し込みます。

SIMカードと一緒に初期設定の説明書が届きますので、その手順に沿ってLINEモバイルの設定をすれば、挿入後1、2時間で開通します。

作業はWiFi環境のあるところでやるのがポイントです。

いくつか面倒な作業がありますが、これだけやっておけば毎月のコストカットはバカになりません。契約更新月でなくてもすぐに回収できるので、格安SIMに変えたい方は、ぜひトライしてみましょう。