知らなきゃ損!沖縄への引越費用の抑え方

沖縄の引越し情報|Riricoi Style

この記事は、こんな方にオススメです。

  • 将来的に沖縄移住を考えている
  • 移住に興味がある人
  • 移住に向けて既に準備を始めている
  • 移住前の心構えのチェックを終えたばかりの人

この記事を読むと、こんなことがわかります。

  • 沖縄への引越し費用
  • 引越し費用の抑え方

前回の記事

引越費用の目安

移住を決めたら、やること盛りだくさん!まずは引っ越し費用についてお話しします。不動産契約、引越費用は移住でもっともお金がかる案件です。少しでも安く済ませたいというのがホンネ。まずはざっくりどのくらいかかるかイメージしてみましょう。

大手A社

東京から沖縄へ引っ越しする場合
単身家族
通常期¥285,000¥450,000
繁忙期¥375,000¥600,000
大阪から沖縄へ引っ越しする場合
単身家族
通常期¥245,000¥300,000
繁忙期¥325,000¥400,000
北海道から沖縄へ引っ越しする場合
単身家族
通常期¥340,000¥530,000
繁忙期¥450,000¥700,000

大手B社

東京から沖縄へ引っ越しする場合
単身家族
通常期¥250,000¥400,000
繁忙期¥300,000¥500,000
大阪から沖縄へ引っ越しする場合
単身家族
通常期¥200,000¥300,000
繁忙期¥250,000¥360,000
北海道から沖縄へ引っ越しする場合
単身家族
通常期¥300,000¥650,000
繁忙期¥400,000¥800,000

(参照:格安引越し方法研究室
※参考価格です。

まとめ

  • 引越し費用は単身20万〜、ファミリーは30万円〜
  • 距離や質量によって変わる

引越し会社を選ぶポイント

引越し会社を選ぶときのポイントは沖縄本島に提携の引越し業者や営業所がある会社を選ぶことが大前提となります。まずは、一括見積もりサイトを活用して沖縄への引越し対応をしているか、また各企業の金額の差などを調べましょう。



見積もりサイト一覧

アフィリエイトのアクセストレード

引越費用の抑え方

引っ越し費用はバカになりません。下記の通りいくつかポイントを抑えることでコストダウンをはかることができます。また、一括見積もりをした後に、最安値を希望の引っ越し業者に伝えて値引き交渉するというのも一つの手段。ぜひ活用してみてください。

  • チャーター便ではなく、コンテナ便の混載便(他の荷物と一緒のコンテナ)にする。
  • 航空便ではなく船便にする。
  • 大型以外はゆうパックを利用する。(荷物の少ない人向け)
  • 梱包、資材の準備を自分でする。
  • 繁忙期を避ける。(3、4月、土日祝。)
  • 一括見積もりの最安値を希望の引っ越し業者に伝えて値段交渉する。