一度見たらやめられない!もう一つの不動産情報

沖縄移住物件探しの基本

まず、沖縄移住を考えている人に読んでいただきたいのが【沖縄移住】ここだけは押さえたい!沖縄の家探しのポイント。こちらの記事ではエリア別の魅力や車が要るか要らないかなどの役立つ情報が掲載されています。

家族移住を考えている方にオススメなのが、こちらの記事。子育てスタイルに合わせた地域の情報と地位ことの物件情報などもご紹介。

沖縄の物件探しに欠かせないサイト

何はともあれ、沖縄の物件情報がリアルタイムで公開されて要るのが「うちなーらいふ」。特に遠隔で物件を探して要る方にありがたいのがインターネット情報ですよね。基本沖縄に住んでいてもこちらのサイトを利用しながら現地の不動産と相談しながら物件を探していくのがスタンダード。

沖縄の物件探しに欠かせないポイント

沖縄で物件を探すときに押さえておいた方がいいポイントをご紹介します。事前に知らなかったということがないように、知っておくと便利な豆知識。

覚えておきたい引越しポイント
・エアコン付き
・駐車場つき、もしくは駐車場料金チェック
・更新年(1年更新があるので要注意)
・ガス乾燥機(高湿度な沖縄ではありがたいアイテム)
・インターネット環境(場所によっては光回線じゃないところも)

失敗しない物件探しのポイント

さて、これまでは以前の記事でも紹介して来た内容です。続いて、これはどの移住情報でも紹介されていなかったけど、一度知ってしまったらこのサイトをみずして引越しなんぞできない!なんてことになってしまいそうな便利かつ、あまり知りたくなかった・・・サイトをご紹介。


それは・・・・


事故物件検索サイト

引越し先を決めるときに以前どんな人が住んでいたか気にする人もいれば、綺麗にリフォームされていたら気にしない人、さまざまです。でも移住して不思議な体験を沖縄で経験して来た筆者として強くお薦めするのが「事故物件」かどうかを調べておくこと。事故物件とは、その部屋で以前何かしらの事故(主に死亡事故)が起きたことがある物件のこと。不動産仲介業者は事故物件の告知義務がありますが、事故物件の後に一般の入居があった場合、その次に入る人に対しての告知義務は消滅します。なので、なかなか気がつきにくい部分なのです。ちょっぴり不安になりますよね。そんなときに助かるのがこちらのサイト。「大島てる CAVEAT EMPTOR: 事故物件公示サイト」。大島てるによって世界各地の事故物件を網羅した情報サイトです。

見えない世界

沖縄は先祖崇拝・自然崇拝が根強く、あの世との境目「ニライカナイ」を信じる人も多いです。旧暦行事にはあの世の正月「グソー」とよばれる日があり、その日はウチナンチュみんながそわそわしています。どこか感じるところがあるのかもしれません。そんな感度の高い人たちが暮らす島では、本当にいろいろなことがあります。「ユタ」と呼ばれるシャーマンのような人も日常生活に密接な関係を及ぼします。特に引越しごとに「ユタ」さんを頼るウチナンチュは本当に多いのが事実。でも移住者はユタさんに会える機会はそうそうありません。ですから、できることとの一つとして「大島てる CAVEAT EMPTOR: 事故物件公示サイト」で、事前に契約しようとしている物件が事故物件かそうでないかのチェックだけはしておいた方が無難かもしれません。ちなみに我が家はいつも夫が物件を探すときに合わせて検索しています。