沖縄の暮らしで感じたメリットその3〜ステーキざんまい〜

沖縄のステーキ | Riricoi Style

今回は沖縄に移住して9年目の筆者が、暮らしに身近なメニュー「ステーキ」についてのお話です。この記事は、沖縄へ移住したい、沖縄の文化を知りたい、すでに沖縄で暮らしていて、沖縄の美味しいものが知りたいという割と幅の広い方にオススメの記事です。もちろん沖縄好きで観光に訪れる方にもオススメ。沖縄は、まさに「ステーキパラダイス」。こんなにも美味しくリーズナブルに食べられるお店がたくさんあるなんて。これを沖縄のメリットとして捉えないわけにはいきません。

現代を生きる私たちの糖対策での強い味方。「桑葉」「ヤーコン葉」「オリーブ葉」の三種のハーブ『ハーブスカット』

沖縄ステーキパラダイス

沖縄に移住して、9年暮らしている筆者が一番驚いたのが「ステーキ」を提供するお店の多いこと!しかもとても安い。那覇からやんばるまで美味しいステーキ屋さんであふれています。リーズナブルだからステーキの食べ歩きだってできちゃう。沖縄のステーキ事情についてご説明しましょう。

参考 【沖縄移住】沖縄の暮らしに役立つ塩沖縄移住生活エトセトラ 参考 【沖縄移住】沖縄の人に飲み会に誘われたら沖縄移住生活エトセトラ 参考 【沖縄移住】知りたい!沖縄の生活コスト沖縄移住生活エトセトラ

沖縄とステーキ

時代背景

沖縄は第2次世界大戦後、30年近くアメリカの統治下にありました。戦後復興は日本でというよりアメリカでなされて行った時代背景があります。1972年に日本復帰するまでは、沖縄へ訪れるのにパスポートが必要でしたし、車は右車線通行でした。そのような背景から、繁華街にアメリカン人が通うステーキハウスが生まれて行ったのがごく自然の流れでした。そして1972年に本土復帰になってアメリカ人が集っていた繁華街に沖縄の人も通う文化が生まれステーキも浸透していきました。

好まれる部位と焼き加減

沖縄のステーキの主流は脂身ののった日本人好みのサーロインステーキではなく、赤身肉です。そしてウチナンチュはかなり生に近いレアを好みます。気のせいか、ミディアムレアを頼んでもいつも「これ、レアじゃない?」と思うような滴る赤い肉汁の場合が多いです。で、レアを頼むとどうなるかと言いますと、本当に生肉に近いです。本土の感覚で頼むと「?」となりますので、レアすぎるのが苦手な方は、まずはミディアムレアから頼んだ方が無難です。

ステーキの価格帯

沖縄のステーキは赤身肉が主流でランチタイムだと200g1000円〜1500円の間で食べられるところがほとんど。300g、400gなどかなりのボリュームのステーキも3000円行かずにいただけます。でもどちらかというとみなさん200gで頻度高めに食べる方が多いイメージです。

ステーキのつけ合わせ

ステーキの基本の付け合わせは、フライドorベークドポテト、ミックスベジタブル的な野菜、もやし。ステーキの前に小さなサラダとマッシュルームスープが運ばれてくるケースが多いです。このマッシュルームスープがまたおいしんです!長年、代々受け継がれたスープの味の違いを感じるのもステーキを食べる時の楽しみの一つ。イメージ的には、アンディ・ウォーホールがシルクスクリーンで描いたあの缶詰の味をもっと美味しくした感じです。

飲んだ後の締めはステーキ

前回の記事で沖縄の飲み会についてご説明した際に少し触れましたが、ウチナンチュは飲んだ後の締めはラーメンではなく「ステーキ」が、主流。これも戦後しばらく経ってから広がった風習のようです。現在50歳前後の方は若い頃そんな文化はなかっという方もいらっしゃいますが、40代半ばより若い世代の方達は締めのステーキを少なからず経験しているようです。9年住んで男性の話は聞きますがウチナンチュの女性の方の締めステーキ談はまだ伺ったことがありません。
朝までやっているステーキハウスもあったりするので沖縄の文化には驚かされたのを覚えています。

厳選!沖縄のステーキが美味しいお店

さて、いよいよ沖縄に暮らしてきて9年目の編集者の視点でオススメするステーキハウスをご紹介。どのお店も個性的で、順番をつけるのは難しいのでお気に入りからご紹介。

TAIYO STEAK HOUSE

うるま市にある米軍が運営するゴルフクラブの中にあるレストラン。こちらはドルしか使えませんが日本人も自由に出入りできるレストラン。ドレスコードがあるのですがランチタイムはカジュアルにいただけます。NYスタイルのステーキが抜群に美味しいです。

住所/沖縄県うるま市栄野比1183

TEL/098-954-2020

JACK'S STEAK HOUSE

那覇の知る人ぞ知る有名店。戦後間もない頃にオープンした老舗で、気軽に入れて、安くて美味しく、満足のいくボリュームを変わらず提供する庶民に優しいステーキハウス。ステーキ以外のメニューも豊富ですがやっぱりいつもいただくのはステーキ。そしてここのミディアムレアはかなりレア!!!なので、注文の際はお気をつけて。レアを頼むとかる〜く表面を炙った程度で出てきます。常に行列なので早めにいった方が無難です。予約は受けてつけておりませんので。

住所/沖縄県那覇市西1丁目7−3

TEL/098-868-2408

ビックハート

ビッグハートは沖縄本島中南部に点在する庶民はステーキ専門店。リーズナブルなステーキハウスとしてウチナンチュに愛されている老舗。熱々の鉄板にのせられたステーキがジュージューと音を立てて運ばれてくる時の幸福感といったらありません。座敷があるので子連れも安心。

味には関係ありませんが、ちょっとしたお家騒動もあるそうで、那覇店のみ姉妹店ではなさそう。詳しくはコチラから

住所/沖縄県那覇市西1丁目7−3

TEL/098-868-2408

ステーキハウス四季

沖縄市や北谷町にあるステーキハウス。こちらは少し高級な目に前でスタッフが鉄板の上でステーキを焼いてくれます。そのナイフさばきはまさにエンターテイメント。肉を焼いたの出汁を使ってつけ合わせのもやしやポテトを炒めてくれます。スープやサラダもついてランチタイムはかなりリーズナブル。しかもライスもついてるのにパスタもつけられるという謎のボリューム感。

住所/沖縄県那覇市西1丁目7−3

TEL/098-868-2408
WEB/https://www.the4seasons.jp/

ステーキハウスCAPTAL

那覇の知る人ぞ知る有名店。戦後間もない頃にオープンした老舗で、気軽に入れて、安くて美味しく、満足のいくボリュームを変わらず提供する庶民に優しいステーキハウス。ステーキ以外のメニューも豊富ですがやっぱりいつもいただくのはステーキ。そしてここのミディアムレアはかなりレア!!!なので、注文の際はお気をつけて。レアを頼むとかる〜く表面を炙った程度で出てきます。

沖縄市園田店・泡瀬店・北谷店・浦添店の合計4店舗。

STEAK HOUSE NAKAMA

恩納村にあるステーキハウス。上質な肉を仕入れていることで定評があり、確かに味はピカイチ。その分少しお値段も高めですが、それでもこれは安い!と納得できる肉の旨味が味わえます。名物は1POUND STEAKですが、流石に筆者はまだトライしたことがありません。

住所/沖縄県国頭郡恩納村字名嘉真2247-1

TEL/098-967-7022
WEB/https://steak-nakama.com/

STEAK HOUSE 88

那覇と美ら海水族館の近くにある人気ステーキハウス。観光媒体に必ずといっていいほど掲載され散る超人気店なだけあっていつも賑わいを見せている。店内は落ち着いた雰囲気でカジュアルからフォーマルシーンまで使えるお店。ワインのセレクトも豊富なので、ディナータイムもオススメ。

住所/沖縄県那覇市辻2-8-21

TEL/098-862-3553
WEB/http://s88.co.jp/

SAM'S

これぞアメリカのレストラン!という佇まいのちょっとエンターテイメント要素が高いインテリアのアメリカンダイナー。ステーキ専門店ではないが本場アメリカの味がいただけます。系列店舗がたくさんあるのでオフィシャルサイトから気になる店舗に訪れてみて。もちろん、ボリュームもアメリカンサイズなので注文時には気をつけて。

WEB/http://www.sams-okinawa.jp/index.jsp

JUMBO STEAK HANS

いろんな部位のビーフステーキが揃うJUMBO STEAK HANS。部位によって価格は異なりますがランプ肉やチャンクアイなどは200g1680円〜。テンダーロインやサーロインでも2000円代でいただけるお店。観光客にも人気なのでランチタイムは早めに訪れ方が良さそう。

住所/沖縄県那覇市西1丁目7−3

TEL/098-868-2408