沖縄の暮らしに役立つ沖縄の歌

はいたい!みなさんこんにちは。今回は沖縄の暮らしに密接な「沖縄の歌」をご紹介。特に子育て世代の移住者は子供たちが歌う歌でこれからご紹介する曲を知る方も少なくありません。有名なヒットソングからローカルだけどじーんとくる沖縄ならではの歌、ご紹介します。

応援ソング

ここ数年、「世界ふしぎ発見」で取り上げられたり、高校野球の応援ソングとして演奏されたりして知名度が急に日本中に広がってきている「ダイナミック琉球。」

ダイナミック琉球

2008年に沖縄コンベンション劇場にて上演された「琉球ルネッサンス」のテーマソングとして制作。現代版組踊演出家平田大一作詞、イクマあきら作曲。以来イベントやCMなど多くのシーンでこの曲が使われ、学校の運動会や学芸会で子供たちによる演舞がなされるところも多い。

CDご購入はこちらから。

小さな恋のうた

沖縄で暮らしていると小さな島なので道端でモンパチのキヨサクさんを見かけることもちょくちょくあります(笑)。そんなモンゴル800の有名な歌「小さな恋のうた」こちらは、ご存知の方も多いはず。子供たちが気がつけば学校の音楽の授業で習ったり自然と口ずさんでいる曲です。

AMAZON配信はこちらから

ベストフレンド

こちらも知らない人はいないといってもいいくらい有名な曲ですね。沖縄県出身の女性ユニット「kiroro」のベストフレンド。卒業シーズンになるとよく歌われます。子育ても落ち着いて最近ではライブ活動など少しずつ活動の幅を広げているkiroroは沖縄でよく耳にする歌い手です。卒業シーズン、みんなで歌って涙しています。

シンカヌチャー

最近、沖縄の活動がさらに多くなってきたTHE BOOMのリードボーカル宮沢和史さん。先に挙げたダイナミック琉球の作詞家平田大一氏とコンビを組んで、沖縄の伝統的な民謡を残すための活動をしています。その一環で、平田大一氏が率いる現代版組踊の演者とコラボしたシンカヌチャーを世界ウチナンチュ大会などで披露して人気を馳せています。

シンカヌチャーのCDはこちらから

乾杯ソング

オジー自慢のオリオンビール

沖縄といえばオリオンビール。みんな大好きオリオンビール。何はともあれオリオンビールと言っても過言ではない沖縄のビールの代名詞をタイトルに使ったアゲアゲな調子の乾杯ソング「オジー自慢のオリオンビール」。イベントを盛り上げる際などによく歌われます。乾杯の掛け声は「アリかんぱ〜い!」

命の大切さに触れたい曲

いのちのリレー

毎年6月23日は、沖縄の組織的戦争が集結した日として沖縄だけの休日として制定されています。この日は一年に一度唯一地上戦が起きてしまったこの島の平和について考えるために学校など公休日となっています。学校では平和を考えるための式典が開催されるところも多く、平和を願う歌が歌われます。いのちのリレーは2015年終戦70年を記念して母として、歌手として活躍するkiroroの二人とHYの仲宗根泉さんの3人の特別ユニットで平和を願うための歌が作られました。県内の学校にkiroroが自ら指導に出向いたりして子供たちが合掌をすると言った取り組みもなされました。

いのちのリレーご購入はこちらから

さとうきび畑

こちらも有名な森山良子さんが歌う「さとうきび畑」。完全版は11連からなる長作。沖縄は戦後アメリカの占領下に長いこと置かれ、本土から沖縄に行くにはパスポートが必要だった時期があります。その時に作曲家の寺島尚彦が沖縄に訪れて着想した曲が「さとうきび畑」です。戦争の悲劇が2度と起こらないようにと毎年静かに祈りながらこの曲は沖縄のどこかで必ず歌われています。

天国かもしれない

最近沖縄からメジャーデビューを果たした異色のミュージシャン「むぎ(猫)」。うるま市在住で猫の着ぐるみを着てパフォーマンスをしている。むぎは他界した猫のことで、天国から帰ってきたむぎが人々に心温まる歌を披露する。いのちの大切さを込めた歌詞がじんわりと胸に響きます。

むぎのファーストアルバムはこちらから

沖縄の温かさに触れられる曲

島人ぬ宝

沖縄の島の魅力をここまで素朴にそして端的に歌う歌を他に知りませんが、生きて行くために必要なシンプルな思いが綴られています。この歌ひとつとってもこの島で子育てができる喜びがここにあります。この曲を聴くといつも、この島にいさせてもらえることにただただ感謝したくなるそんな歌です。

島人ぬ宝はこちらから

うるまメロディー

こちらも同じくBEGINの楽曲。その昔、食糧難で厳しい時代を迎えていた沖縄に、ハワイに移民したウチナンチュたちが豚を船で送り届けて、難を凌いだというお話を歌に込めた一曲。「鳴き声以外はたべたけど」といのちをいただく大切さも教えてくれます。

うるまメロディーはこちらから

まとめ

いかがでしたか?沖縄にはたくさんの素晴らしい歌があります。古くから芸能が盛んだったこの島は、歌と踊りで様々な試練を乗り越えて着た深い歴史背景があります。だからこそ歌詞のひとつひとつに込められた思いが人々の琴線に触れるのでしょう。自分が暮らす島の音楽をぜひ聞いてみてくださいね。