沖縄移住ではじめよう!キャッシュレス生活

キャッシュレスのメリット

国際的にキャッシュレス社会になって来ているものの、日本ではなかなか使用率が上がりません。いまだに現金主義も多いのが現状です。しかし2025年に向けて政府も本格的なキャッシュレス導入へ動き出しました。5年前からショップを運営しておりますが、今は簡単にクレジット決済を導入できる時代になって来ました。ユーザーとして、店舗運営側両者の視点からメリットをお伝えします。

  • 会計・資金管理がしやすい
  • 決済が早い
  • 売上が伸びる
  • 現金の持ち運びによるリスクが少ない
  • 現金決済ミスの軽減
  • 代引き手数料などのコスト削減
  • マイルなどのポイントが溜まる

会計・資金管理がしやすい

クレジットカード会社を問わず、マイページにログインが出来、常に資金管理ができる。スマートフォンなどのアプリを使えばいつでもどこでも自分の資産状況を確認出来ます。小規模の会社であれば、クラウド会計などと連動すれば自動で勘定科目登録が出来ます。

決済が早い

クレジット、スマートペイ、デビットカードなど現金の受け渡しより時間が決済削減できる。

売上が伸びる

店舗運営はどんな小規模でもクレジットカード決済を導入すれば現金を持ち合わせていない「買いたくても買えいない」層を取り込めます。事業をしてわかることは、沖縄でも半分以上がクレジット決済で購入します。手数料はかかりますが必ずクレジット決済の導入をオススメします。

現金の持ち運びによるリスクが少ない

日本はあまり馴染みがないのですが、現金を持ち歩いて強盗に合うなどのリスクが軽減されることからクレジット決済が普及されている一面があります。

現金決済ミスの軽減

人間誰もがミスを犯すもの。忙しいレジで現金を受け取りお釣りを渡す際に起きるミスが軽減します。

代引き手数料などのコスト削減

インターネット通販による買い物時に、クレジット決済では消費者が手数料を支払うことはありませんが、代引き手数料は消費者負担です。クレジット決済にすることで余計な手数料を支払う必要はありません。

マイルなどのポイントが溜まる

見逃せないのがこのマイル!生活にかかるコストを出来る限りクレジットカード決済をすることでポイントやマイルがたまります。家賃、光熱費、通信費、日々のスーパーでの買い物全てがポイント加算対象になります。私も全てJALカードで支払っているので、家族5人の生活費、学費などで今ではオーストラリア往復分のマイルが溜まっています。賢くカードのポイントやマイルを使いましょう!

沖縄は、イオン系列の店舗がたくさん。日々の食品をはじめライカムなどのショッピングモールなど使うシーンが多いのでオススメです。

キャッシュレスのデメリット

  • 停電になると決済ができない
  • 店舗など支払われる側の手数料が発生する
  • 店舗は初期費用がかかる
  • 残高管理の必要性
  • 必要に応じて複数枚保持する必要がある

停電になると決済ができない

災害時など、停電が起きた場合に決済ができなくなる場合があります。特に沖縄は台風時にスーパーやコンビニが停電することも年に数回あるのでそういった場合は現金での決済が必須となります。

店舗側の初期費用がかかる

クレジット決済導入にはある程度初期費用がかかりますが、小規模事業者であればiPadもしくはiPhoneなどがあれば決済アプリをダウンロードして実質無料でスタートすることができます。WiFi環境とタブレット、スマートフォンを用意して気軽に始めてみましょう。

店舗側の手数料が発生する

クレジットカード会社によって手数料が異なるものの以前より手数料が少なくなり3.25%〜3.75%を目安に見積もりして起きましょう。また、販売店舗が手数料を加算して消費者に請求するのは法律で禁止されていますので事業者は要注意です。

残高管理の必要性

アプリやマイページなどで残高管理ができるメリットがありますが、管理を怠ると使いすぎてしまうリスクがあります。管理をする癖をつける必要があります。

必要に応じて複数枚保持する必要がある

VISA、MASTARCARD、JCBなど使用できる信販会社が異なるため、複数枚保持する必要があります。

沖縄移住こんな人にオススメキャッシュレス

沖縄移住こんな人にオススメキャッシュレス
・フリーランス・個人事業主
・店舗運営
・ファミリー
・沖縄でETCはマストです

フリーランス・個人事業主

沖縄移住の中でも多いのがフリーランス・個人事業主。プライベートな支出と事業支出を分けて使えば、確定申告もらくらく。ぜひオススメします。

店舗運営

言わずもがな飲食店も小売店も今はクレジット決済が必須です。スマホ決済、デビットカードなど色々決済はありますが、まずはクレジット決済から導入するだけで売上があがります。

ファミリー

家族が多ければ多いほど支出のボリュームも増えるのでクレジット決済にしておけば気がつけばマイルやポイントが溜まっています。その楽天銀行では溜まったポイントでショッピングや投資信託など資産運用まで幅広く対応していますし、航空会社発行のカードだとマイルが溜まるので溜まったマイルで家族旅行も夢ではありません!賢くポイントをゲットできるのも家族カードの魅力です。

沖縄でETCはマストです!

こちらの記事で沖縄の渋滞についてお話ししましたが、沖縄の渋滞は本当に深刻です。特に高速道路降りるときの渋滞は泣けて来ます。理由が「ETC」の車が少ないから。移住者として小さな啓蒙活動として「ETC導入」を進めていきたいと密かな野望をもっています。