沖縄の暮らしに欠かせないもの

沖縄の暮らしに欠かせないもの

以前、「沖縄へ移住する前に手放した方がいいもの」についてご紹介しました。では、今回は、沖縄移住に際して、沖縄の暮らしに欠かせない最低限のものをご紹介いたします。とりあえず、これだけあればスタートできるというものだけリストアップしてみました。

運転免許

沖縄は、基本的に車社会です。仕事も那覇市、自宅も那覇市であれば車なしでも生活はもちろん可能です。車通勤も当たり前の社会です。免許を持っている持っていないでは再就職の際にも大きく関与します。ですので、沖縄へ来る前に運転免許を取得しているということは、絶対的条件で必要と感じます。車を所持するしないに関係なく運転できるということは色々な可能性を広げることを念頭に入れておきましょう。時間やコストを削減したい方にオススメは合宿免許。沖縄で合宿免許を取得した方も沖縄移住者の中に結構います。

激安企画コース満載!yi免許

自動車

沖縄の公共交通機関は、ゆいレールとバス。ゆいレールは那覇市内中心に走るモノレールのことで、那覇空港から首里までを結んでいます。150〜330円の運賃の幅で、現金で乗車券を購入するか「OKICA」というICカードで乗車が可能です。公共バスは沖縄本島南部から北部まで走っていますが、那覇市外となりますと1時間に1本など不便になります。ですので、移住前に決めておくべきこととして「自動車」を購入するか運搬するかがあります。

車両の運搬

中古車購入

沖縄本島に済む場合共働きを前提として考えると夫婦それぞれ1台ずつあるのがベスト。家族が多ければ普通乗用車1台、軽自動車1台が理想です。移動が多い方(1ヶ月に1万キロ走ってしまうような職種)の方は普通乗用車が好ましいです。中古車を購入する場合は走行距離と事故歴を必ずチェック。ここを見誤ると新車を購入するより修繕費がかさんでコストオーバーになるリスクもあるので気をつけて。

中古車を購入する時は、走行距離と修復歴を必ず確認!

ガリバーフリマ

中古車を買うならやっぱりガリバーという方も多い有名店。安心して購入できるので、オススメ。

ユーポス

沖縄の中古車販売で個人的にオススメするのがユーポス。ユーポスで購入すると整備や車検などリーズナブルでしっかりしたサービスが受けられるのがポイント。事故の時の保険利用に関しても親身になって相談に乗ってくれるのでユーポスオススメです。

除湿機

以前、下記のリンクでご説明した通り、沖縄は湿気天国です。晴れているイメージが強い沖縄ですが、実はジメジメ時期が晩秋から春にかけて長いのです。そして4月の爽やかなうりずんの季節を楽しめばすぐに梅雨入り・・・と湿気との戦いはおよそ365日といっても過言ではありません。大切な革製品、洋服など本当になんでもカビてしまうので、除湿機は必ず用意しましょう。エアコンの除湿機能だけでは、沖縄のカビルンルンは許してくれません。

ETC

車通勤の多い沖縄。沖縄本島を縦断するように通り沖縄自動車道のICの通勤時間帯は、出口で混雑します。これが沖縄の旧暦行事や観光シーズンに重なるとげんなりするほどの渋滞になります。その渋滞の原因となるのが「ETC」導入の低さ。スムースに高速を降りたい方、高速料金も一般より安く利用ができるのでETCの導入は必須と考えます。