沖縄移住の壁にぶち当たったら

沖縄移住の壁にぶち当たったら

今回は、前回ご紹介した「沖縄移住生活の壁」が実際に目の前に立ちはだかった時に一体どんなふうに対処したらいいの?という問いに対して役に立つ解決策をお伝えします。ひとそれぞれ抱えている課題は違います。ケースバイケースではありますが、基本的な思考の持ち方で対処できることがあります。今回はその思考の話です。

沖縄移住の壁ってどんなこと?

沖縄の移住の壁はずばり「人間関係」「金銭問題」の2択と言っても過言ではありません。沖縄にうまく馴染めない、沖縄の人とうまくコミュニケーションが測れないという悩みを抱えている人は多いと思います。また過去8年間で移住をやめて沖縄を離れるという人たちの中には資金の底が尽きたという人も何人かいました。

人間関係

沖縄での人間関係に疲れを感じやすいタイプの人は、場所を問わず人間関係に心配りをして几帳面で優しい人が多いように感じます。沖縄は今まで暮らして来た自分の文化と全く異なる文化です。そして言葉も違います。職場の人と関係を深めたいのに、うちなーぐちで喋られてしまって会話に入っていけなくて孤独な思いを経験した方も多いと思います。私も会議であからさまにうちなーぐちを使われて、その人の発言が全く理解できなかったことも多々あります。

金銭問題

沖縄は、リゾート観光地ということもあり物価が高いです。カフェランチでさえ客単価1500円超えるところが多いので、旅行者気分で最初のうちから外食や娯楽に傾くとかなりの割合で早い段階で資金の底が見えて来てしまいすぐに沖縄を離れる人も多いのも事実。毎週末どこかしらで華やかで楽しげなイベントが開催される沖縄。金銭的に余裕のある方は問題ないですが、収支管理はきちんと把握しておいた方が無難です。また、資金に関する問題は役所や商工会など様々な相談窓口がありますので1人で悩まずに相談してみるといいでしょう。

沖縄移住の壁にぶち当たる前の準備

文化の違いを理解しておく

まず、移住する前に理解しておいた方がいいこととして「文化の違いがある」ことを認識しておきましょう。 細かいことは住んでから確認すればいいのですが、前提として「文化の違いがあるところでの意思の疎通が難しい」という思考がベースにあるだけでだいぶ捉え方が違います。

ぶち当たる前にこの本を読んでおこう

嫌われる勇気

アドラー心理学の源流と言われるアルフレッド・アドラーの心理学を日本の心理学者岸見氏が老人と青年との対話形式でわかりやすくまとめたもの。課題の分離、目的論、貢献論という構成で人間関係の煩わしさに対してどう進んでいくかが実に明快に論拠されている。

Amazonで購入

シャーデンフロイデ

他人を引き摺り下ろして自分と同等またはそれよりも下の位置に陥れる時に生まれる感情を表すシャーデンフロイデについて、脳科学者中野信子氏がわかりやすく一冊にまとめたもの。人間関係に亀裂を生じさせる原因となる「妬み」「嫉妬」という一般的に人から持たない方がいいとされる感情をつかさどるホルモンは、実は快感という幸せを感じる時に働くホルモンと同じだったという結果から見る面白い考察の本。

Amazonで購入

菊と刀


ルースベネディクトが戦中戦後を通して観察して来た「日本人」について書かれた名著。日本人の行動原理や規範について西洋人から理解不能だった人種について観察・考察されているが言い得て妙としか言いようがないくらい現代釈迦に通じる一冊となっています。日本人の特徴を知ることはまず人間関係の壁に立ち向かう中で必要な作業となります。そして島国の日本とより小さな島文化の沖縄は地理的条件も合致し、共通することも多く参考にすべきところがたくさんあります。移住前に1回、移住して最初の壁にぶつかった時に読んでみるのもいいでしょう。

Amazonで購入

空気の研究

昭和52年に発表された山本七平氏による「空気の研究」。発行されて40年以上たった今も名著とされて様々な分野で紹介されている。特に仕事、学校などの人間関係で謎の見えない「空気の圧力」が存在する日本について詳しく書かれている。対峙する相手から空気を作られたときにどう対処すべきかが見えてくる貴重な1冊。

Amazonで購入

失敗の本質

日本軍が戦争に負けるに至った経緯が詳しく書かれている一冊。戦時中の組織の意思決定権、伝達、運営における失敗から学ぶべきことの多い一冊。読んで怖いのは、この時代から日本の組織が変わっていないこと。企業で働く人、フリーランスや企業を果たした人は戦略的思考の必要性を自覚するためにも絶対に読むべき一冊と言えます。多少難解です。

Amazonで購入

沖縄移住の壁にぶち当たった時の対策

課題の分離

文化の違うところで育って来た人たちとの関係性の中で、人間関係の壁が生じることは多々あります。それは本土だろうが海外だろうが場所を問わず存在します。しかし、小さな島国はより地域同士の繋がりが深く、壁が分厚く感じてしまう人も多く存在します。そんな時に、試みていただきたいのが「課題の分離」。詳しくは「嫌われる勇気」を参照にしてください。今、目の前に立ちはだかる課題は、誰の課題なのか一つずつ検討して来ます。すると面白いことに大きな問題と捉えていたことが細分化され、しかもその中で自分自身の課題である場合が少ないことに気がつきます。そこで、自分が取り組むべき課題にフォーカスし、他の課題は他人の課題として一旦自分の脳裏から切り離します。すると滞っていたと思われることが、小さな一つの自分の課題を解決していくことで流れ出します。流れ出すと大きな課題の中の他人の部分の課題は気にならなくなるのです。相手から何を言われようとそれ自身が自分の課題ではないと判明すれば潔く手放すという訓練がとても役に立ちます。

目的の確認

沖縄へ移住する前に心得ておくべき点」の記事でも説明しましたが、沖縄の移住生活が苦しくなった時に、一番最初に思い出すようにしたいのが、「移住の目的」です。よく初心に帰るといいますが、なんのために沖縄へ移住したいと考えたのか、そしてその目的の達成度が現在どのくらいで、達成できているか、それとも途中かを確認します。そこで、目的に対しての進捗を把握し、今眼の前に立ちはだかる壁が目的を達成するために超えなければならないものなのか、それとも一旦置いておけばいい話なのか冷静に判断します。人間の脳は基本的に深く考えることを好むより楽をしたがるものです。一度「わ〜もう無理〜!」ってなってしまうと、全てが「わ〜もう無理!」と錯覚しがちです。本当に超えなければいけない壁なのか、そしてその壁が自分に何を伝えようとしているのかを冷静になって考えてみることをお勧めします。

立ち止まって目的を変えたっていい

沖縄へ移住して暮らし始めて対峙する課題は本当にたくさん出てくると思います。その都度立ち止まって、当初自分が思い描いていた目的の達成が見えない、どうも軌道修正が必要だと感じたら、いつだって舵を切ることは可能です。誰に何を言われようと自分の人生ですから。そして新たな目的が沖縄で達成することが難しい場合は次なる場所を探せばいいことです。そしてそれは失敗ではないのです。移住を決意する時に「移住を決めたのは自分自身であること」に責任を持つこと。移住先を変えるのも、移住先に定住するのも本人の意思でいくらでも可能になりますが、どの場所に行ってもその土地のせいやその土地に住む人のせいにしないこと。これが移住生活に一番大切なマインドだと感じます。移住先でトラブルや困難な状況になった時、全ては自分次第で軌道修正が可能であることを諦めないでください。沖縄は特に人が温かいです。困った時に、見栄を張らずに困ったといえばすぐに手を差し伸べてくれる人もたくさんいます。でもその前に課題の整理と目的の確認はやっておくことに越したことはありません。仕事先、家庭内での小さな問題から練習してみるのもいいと思います。もちろん子育てにも役立ちます。詳しく知りたい方は今回の記事でご紹介した本をぜひ読んでみてください。

人間関係・お金からの自由

移住生活を諦める理由は「人間関係」と「お金」の問題がほとんどだということをこのブログでは何度もお伝えしています。でもこの二つの問題は人生における課題とも言えます。なかなか私たちは、「人間関係」と「お金」の自由を獲得できるという確証がもてません。しかし、実際に「人間関係」も「お金」も「住む場所」も「時間」にもとらわれず自由に生きている人たちがいます。私自身志半ばではありますが、その部類の人間です。

自由になりたいと感じている人が自由になれないのは、自由の切符を手に入れられるという事実を知らないだけなのです。

半年前の筆者はブログを自分で開設するなんて夢にも思いませんでした。それがいま、こうやって毎日情報を発信できているのは、「自分で自由になるための一歩を踏み出しているからです。」私は承認欲求を満たすためのブログを運営したいわけではなく、移住生活を豊かに実りあるものにしたいという目的でブログを発信しています。

壁にぶつかるたびに乗り越えようともがいてやってきました。人間関係もお金も自分で解決できるということを認識するだけで、やる気が湧いてくるものです。

そんなやる気を奮い立たせてくれたのが、現在、筆者が参加しているフリーランスアフィリエイトプロジェクト【FAP】です。

私のような初心者がブログを開設してブログからの収益を得ようと努力することができているのもこのプロジェクトがあるからこそ。

壁にぶち当たった時にこそできることが「自分の質を高めること」です。うまくいかないことを残念がることよりも、うまくいかない状態からどうやってうまくいく方向へ進むかという自分のマインドセットが人生の中で必要なスキルとなってきます。

ブログ開設やアフィリエイト(ホームページやブログで商品を紹介して報酬を得る方法)のノウハウだけでなく、自分でお金を稼ぐために必要なマインドスキルも同時に学ぶことができるプロジェクトです。

ここまで読んでいただいたみなさまだけにお贈りする無料の教材を下記プレゼントボタンからもらってください。

「時間」「お金」「人間関係」「場所」の自由を得られるための教材となっています。

無料の教材と10日間の無料メルマガ講座もついているお得なセット!

4つの自由が手に入る
アフィリエイト
完全マニュアル本
無料プレゼント