オープン1年未満!ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄に行ってきた【恩納村】

ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄

今日は夫から、ロケハン(撮影の下見)がてらお昼でも食べに行こうかと誘われ、初めて訪れるまだ産声をあげたばかりの高級リゾートホテルに行ってきました!この記事は、沖縄に住んでいて沖縄を思いっきり楽しみたい、バカンス先を探しているという方や、今から沖縄旅行を計画する人にオススメの記事です。

沖縄県本島恩納村(おんなそん)は、沖縄屈指のリゾートホテルエリアといっても過言ではありません。観光ツアーや格安プランなどの宿泊先としても利用されており、眼下に広がる東シナ海に沿って、高級ホテルが点在しています。そんな高級リゾートエリア恩納村瀬良垣に2018年8月にオープンしたばかりのハイアットグループのホテル「ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄」はあります。

ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄の魅力

隔離された避暑地感

国道58号線を那覇から北上し、名護の少し手前、恩納村瀬良垣(せらがき)を左にそれた小さな半島に位置しているので、いい感じにクローズドな空間が保たれていて、プライベートな休日を過ごすにはもってこい。観光客でひしめきあうエリアから離れて程よい避暑感を味わえます。美ら海水族館へも40分程度でつく好立地。沖縄本島中部北部エリアを観光するにはアクセスの良い場所といえるでしょう。

高級感あふれるハイクラスなインテリア

琉球石灰岩を惜しみなく壁や什器に施し、沖縄らしさを生かしながらモダンな内装に仕上げています。建築好きにもたまらないインテリアはさすが。世界的にビジネスホテルとしての位置づけですが、ハイアットグループなかでもかなりのグレードの高級リゾートといった感じです。

ラグーン仕立てのプール

今日はあいにくの天気でしたが、観光客は寒くても頑張って泳いでいます(笑)。海との境界線がわからないラグーン仕立てのプールは海外の高級リゾートホテルのよう。晴れていたら素晴らしいんだろうな〜と思いながら後にしました。この他にもインドアプール、ミストサウナなどがあるようです。子連れ旅、インドアプールがあるのとないのとでは子どもたちの喜び度が違います。特に梅雨時期は外で泳げないなんてこともありえますから。子どもが楽しめる広いプールは一番の魅力。

プライベートビーチ

ホテルには二つのプライベートビーチがあって、小さな子どもづれでも安心な遠浅の管理ビーチです。ビーチサイドでカクテル飲んでリクライニングチェアでゆったりと贅沢に時間を過ごすのもいいかも。しっかりと管理されていて初めての沖縄子連れ旅にオススメのホテルです。

レストラン

clubhousesandwich

レストランは、朝食、ディナーのビュッフェ会場となるイタリアンレストランの他に、和食を中心とした寿司、鉄板焼きがいただける夜営業のみの2つ。その他にはラウンジバーが併設されていました。今日はここでランチを。ビュッフェ会場のイタリアンは平日はアラカルトメニューのカフェテリアといった感じです。イタリアンなのでパスタ、ピザの種類が豊富で本日のお魚、ステーキ、ハンバーガーなどバラエティに富んだ品揃え。筆者は大好きなクラブハウスサンドをいただきました。ガラス張りで外のプールや海が一望できレストランでいただくランチもリゾート感ただよっています。

ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄の予約

沖縄県民に優しい県民割システム

知らなきゃ損!県民だけがリゾートを格安で楽しめるサービス

ホテルを後にするときに、駐車場まで無料で乗せてくれるハイヤーの運転手さんから、

「沖縄県民の方ですか?」

と尋ねられ

「そうです。〇〇市からきました。」

「遠いところありがとうございます。当ホテルまだオープンして日が浅く、多くの県民の皆様にご利用いただきたいという思いから、県民の皆様だけのプランを格安でご用意しています。ご家族の誕生日のお祝いや、進学のお祝いなどぜひご利用ください。ちゅらとくというサイトでご用意しておりますので、ご確認ください。」

というではありませんか。そう、ちゅらとく。沖縄に住んでから何度となく利用している沖縄県民に優しいホテル予約サイト。日帰りツアーやホテルバイキングなど、格安で利用ができ、普段は高くて泊まれない宿泊施設も県民であれば格安で泊まることができるんです!

今だけの格安プラン

ちゅらとくで安く泊まれるホテルの特徴として、県内の有名リゾートホテルが多いのですが、外資系のホテルはなかなか出てきません。ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド沖縄もまだオープンしたてということで、今だけの格安プランが出ているようです。

今までの経験上、この機会を逃すと家族でお得に泊まれるプランに恵まれないかも!!という夫婦一致の意見となり早速予約することに。

大人2名・子ども2名でこの価格!

《小学生無料&駐車場代無料》360度海に囲まれたリゾートアイランド(朝食ブッフェ付)

予約したプランは、ダブルベッド・ツインルームの部屋で大人一人につき小学生1人無料で朝食つきという謎すぎるお得プラン。こんなにリーズナブルにリゾートホテルが泊まれるなんて、こういった瞬間に「移住してよかった〜」と心底思うのです。世界的にも知名度のあるハイアットのリゾートホテルに2泊3日で予約完了!実際のレポートは次の機会にお伝えしますので乞うご期待!

2泊3日で家族4人で朝食つきプランでお値段なんと

55,596円(消費税・サービス料込み)

GWは観光客で賑わうであろう沖縄ので、少しずらした5月の良き日に小さな家族旅行いってきます!住みながら観光ができるのも沖縄移住のメリットです。

沖縄移住者の皆さん〜まだ利用したことがない方はぜひ「ちゅらとく」を利用してみてくださいね!

ちゅらとく公式サイト

海やプールの外遊びに必須な紫外線対策

4月から11月にかけて沖縄は観光シーズンに入ります。天気がいい日は30度近くまで気温も上がり海やプールで泳ぐ観光客の姿を目にします。ここで気をつけたいのが紫外線対策です。沖縄は日本の中でも日差しが強く、紫外線量が東京の2〜5倍近くあると言われています。ですから短時間だからといって気を抜かずきっちりと紫外線対策をしてくださいね。間違ってもビキニ姿で長時間は皮膚ガンへの一歩を確実に進めます。小さな子どもづれの旅行も、しっかり紫外線から守りながら安全なマリンアクティビティを満喫してくださいね。