GWの沖縄旅行・レジャーで気をつけておきたいこと

GW|Riricoi Style

令和元年初めての超大型連休が始まりますね!みなさんきっとワクワクドキドキしている方も多いのではないでしょうか?そんな我が家は割とノープラン。でも大丈夫。沖縄はまだまだ遊ぶところがたくさん。例年以上に観光客の多さが予想されるので、沖縄旅行を計画している方や、移住間もない方向けに、GWの沖縄で気をつけておきたいことをお伝えします。

交通渋滞

Traffic Jam |Riricoi Style沖縄伊集ライフ

まずは、交通渋滞。沖縄県本島には南部から北部まで1直線の沖縄高速道路が走っています。那覇空港にあるのが高速道路南端で、みなさんがマストで行きたい!と思っているであろう「美ら海水族館」は、高速道路北端の許田料金所を降りてからさらに順調にいっても30分近くかかります。毎年、GWの頃は同じことを考えている旅行者と、北部出身のウチナンチュの「帰省組」が一気に押し寄せます。なので、午前中から許田料金所は大渋滞です。そこから逃げ道もなく国道58号線をただただまっすぐ進みますので、美ら海水族館に行かれる方は渋滞必至なので、事前のトイレ休憩をいれておきましょう。

レンタカーを借りる人が多いと思いますが、レンタカーだからといって「高速道路は現金払いでいいや」と考えている方、それは大きな間違い。声を大にして言わせてもらいますが、

ETCカードは絶対に持ってきましょう!

せっかくの旅行渋滞でほとんど費やしてしまわないように、ETCの方が絶対的に早く出られますので、ETCカードを忘れずに。

  • GWは大渋滞
  • ETCはマストアイテム(ウチナンチュはETC使わない人が多いゆえの渋滞)

日焼け

この時期の沖縄の紫外線は軽く夏場の東京の2倍以上と考えていいでしょう。社内にいても室内にいても日に焼ける強さです。特に小さい子どもづれの旅行者の方は、海の青さに魅せられてついつい長時間外で水遊びや海遊びをしてしまいがち。帽子、ラッシュガードなど日焼け対策を徹底に。あとでお肌のトラブルにならないように。沖縄は火傷レベルの日焼けになりかねません。

熱中症

日焼け対策と一緒に気をつけたいのが熱中症。4月をすぎた頃から30度近い気温になる沖縄。ちょっとの間だけといった軽い気持ちで車に子供を置いてコンビニで買い物などは絶対に避けてください。エンジンをつけっぱなしでもクーラーの冷気が常温になる車もありますので。気の緩みが事故の元となります。

また、海辺やプールで遊ぶ時ついつい水分補給を忘れがち。スポーツドリンクや塩黒糖などでミネラル補給も忘れずに。

水難事故

GWともなると慣れないレジャーにトライする家庭も多くなります。海水浴、ダイビング、サーフィン、SUP、沢登り、滝壺遊びなど、沖縄も楽しいスポットがたくさんあります。一見穏やかに見えても、波にさらわれてしまったり、急なスコールで川が増水して取り残されてしまう事故が毎年必ずあります。

沖縄の天気は変わりやすいので、ちょっとでも怪しい雲がある場合は、場所を移動するなど対処が必要です。せっかくの旅行やレジャー、事故で台無しにしないためにも大人が万全の注意を払って安全を確認しながら思いっきり楽しみましょう。

交通事故

人が多くなると事故も必然的に多くなります。また、沖縄は、外国人の運転する車が非常に多いことを念頭に入れておきましょう。ナンバープレートに「Y」「A」と書かれている車は、米軍の軍人やその家族が運転する車です。この車と交通事故を起こしてしまうと、日本の警察、アメリカの警察、通訳などが介入しとても長い時間事故処理に取られてしまいます。沖縄に慣れている外国人の運転は、狭いところでもスピードを出す人もいますし、逆に慣れていない外国人の運転はまたトラブルの元。観光地での駐車の時などの事故も多発しますので車間距離を保ちながら、適度な休憩をとって安全運転に心がけましょう。



GW沖縄レジャーオススメ穴場スポット

沖縄の観光地といえば、美ら海水族館、国際通り、首里城などがあげられますが、GWは人でごった返すことが予想されます。美ら海水族館を狙うのであれば早朝一番乗りか、夕方入館料が安くなってから行くのがオススメです。

東海岸エリア

沖縄本島の観光スポットはほとんどが国道58号線を中心に広がっています。なので、西海岸は観光客も車も多く渋滞必至。そこでゆったりと沖縄でGWを過ごしたい方は東海岸エリアをオススメします。

伊計ビーチ

伊計島の海|Riricoi Style沖縄移住ライフ

うるま市与勝半島から海の上を走る「海中道路」を渡って3つ目の伊計島。車で行ける離島として人気が出ているエリアですが、観光客の数は他の有名スポットに比べてまだまだ少ないので、のんびり過ごしたい人にオススメ。特に伊計ビーチは透明度も高く、魚と一緒にスノーケリングしたり管理ビーチで安心して泳ぐことができます。バナナボートなどのアクティビティも豊富。レンタル水着やレストランも併設しているので身一つで海を満喫できます。

浜比嘉島(はまひがじま)

浜比嘉島の海|Riricoi Style

こちらもうるま市にある離島。車で行ける小さな島で、沖縄の神話では神様が住んでいたとされる言い伝えが残っています。子宝に恵まれた神様が住んでいたという言い伝えから、子宝祈願のスポットとして足しげく通う夫婦もいます。実際にこの島に来て命を授かったという話は星の数ほど。集落内は古い野面積みの壁と赤瓦の古民家の沖縄の原風景が残っていて風情豊かな沖縄を満喫できます。

潜在意識を書き換え、天才脳を覚醒する!パーフェクトブレイン・エヴォリューション