【初心者でも簡単】3分でわかるGoogleアドセンス講座|審査から稼ぎ方まで

googleadsense|Riricoi Style

こんにちは。沖縄移住9年目のママアフィリエイターRiricoiです。このブログでは、パソコン1台でお金を生み出す方法や沖縄移住生活、ママの視点からの沖縄の教育や子育て情報を発信しています。

今まで、小学生でもわかるWordPress入門講座をもとにパソコン1台でインターネット上でお金を生み出すためのツールの準備を整えてきましたね。

この記事が初めての方は、どうぞ、アフィリエイトについてもいくつかの記事でわかりやすく説明していますので、サクッと知識を入れておいてください。

本題に入る前にアフィリエイトについてまとめておきます。

  • インターネット環境とパソコン1台あればお金が生み出せる
  • 自分のブログやメルマガを作成して広告を貼って配信
  • ブログははてなやアメーバなどの無料ではなくWordPressで作成

なんのことかわからないという方はこちらで詳しく説明しています。

では、続けます。

Googleアドセンスとは?

クリック型の報酬

Google(グーグル)アドセンスとは、検索エンジンでおなじみの、あのGoogleが運営しているクリック型の広告です。

基本的なアフィリエイトは、自分のブログに広告を貼ると、読者がその広告をクリックしてから商品を購入したり、申し込みが発生したり成果が出ないと報酬は発生しません。

しかし、Googleアドセンスの報酬はクリック型広告となるので、

ブログを訪れた読者が広告をクリックするだけで報酬が発生するのです。

どんな広告かというと、こんな感じでブログ内に登場する広告です。



実際に見たことある、または、ああ、これがGoogleアドセンスかと納得される方も多いのではないでしょうか?

大手のニュースメディアやキュレーションサイト、個人のブログなど多岐にわたって利用者の多いアフィリエイト広告です。

こちらの広告はGoogleの方で自動で広告を設置してくれるので、読者のニーズに合わせた広告が表示されます。そしてその読者がクリックすることで報酬が発生するのです。

Googleアドセンスの報酬額はどのくらいか?

Googleアドセンスの1クリック単価は広告によって違います。金融や転職などは単価が高いと言われているようですが、概ね1円〜30円前後が多いです。

「なんだ、たったそれだけ???」

と思われた方も多いはずです。

でもクリックされれば報酬は発生されるわけですから、1日30円でも訪れる人が10000人としてその1割が広告を踏んだとしたら、1日3000円となります。

1ヶ月90000円となれば無視できない金額になりますね。

つまり、ブログに訪れる人が多くなればなるほど、Googleアドセンスの報酬額は増える可能性があります。

確実にクリックするだけでサイト収益が得られるハードルの低さから参入する人が多い広告タイプです。

Googleアドセンスに必要なもの

WordPressもしくはオリジナルホームページ

Googleアドセンスの広告を貼り付けるためのブログやホームページが必要となります。多くの無料ブログは商用目的を禁止している場合も多いため、Googleアドセンスをブログに設置する場合は、独自のコンテンツを作る必要があります。

Riricoi Styleでは、小学生でもわかるWordPress入門を無料で公開していますので、まずこちらをご覧になってWordPressでブログを作ってみましょう。

Google(グーグル)アカウント

GoogleアドセンスはGoogleのサービスの一つになりますので、Googleアドセンスのアカウントを作成しておきましょう。

Google(グーグル)アドセンス審査

Googleアドセンスを始めるには、Googleによる審査に合格しなければなりません。

アドセンスのアカウントを取得し、自分のブログの情報を登録して審査結果を待ちます。

ここで気をつけなければいけないことがいくつかあります。

アドセンスの審査を通過するために最低限やっておくこと

  1. 独自ドメインで申請する必要がある
  2. Googleアドセンスの規約を必ず理解しておく
  3. サイトにプライバシーポリシーを設置しておく
  4. 問い合わせ先を明記
  5. 質の高い記事を10記事以上作成しておく

独自ドメインで申請する必要がある

GoogleAdsense(グーグルアドセンス)広告は、独自ドメインのブログである必要があります。つまり、無料ブログなどで、gooやamebaなどのドメインだと設置ができません。
ドメイン取得には数百円〜多少費用はでますが、サイト収益を上げるための必要経費と思ってドメインは必ず取得しましょう。

小学生でもわかるWordPress入門で詳しいやり方を公開しています。


ドメイン取るならお名前.com

Googleアドセンスの規約を理解しておく

Googleは読者のユーザビリティー(読者優先の使いやすさ、有益な情報であること)をとても重要視します。

また、Googleでは、ポリシーガイドラインというアドセンスに関する禁止事項が存在します。

禁止事項を破った場合、Googleアドセンスのアカウントがロックされ、それまでの報酬も支払われず、広告収入を得る事が出来なくなります。

では、どんな禁止事項があるか見ていきましょう。

  • 自分で広告をクリックしたり、他人にクリック協力依頼をかける
  • 広告のクリックを記事文章で促す
  • コンテンツクオリティに配慮する(アダルトコンテンツはNG)

サイト内にプライバシーポリシーを設置する

プライバシーポリシーとは、インターネット上でサイトにおいて収集した個人情報をどう扱い、保護するのかなど、サイトの管理者の定めた規範を明記しておくもの。

個人情報保護法など、インターネット上では情報に関する配慮をしているか、していないかで、そのサイトの「信頼度」が決まります。

インターネット上でひな形も多く存在するので、そちらを参考に作成しましょう。

Googleアドセンスに頼らず自分で稼ぐ為の本気のアフィリエイト無料メール講座

問い合わせ先を明記しておく

こちらもサイトポリシーと同様に、広告を貼っているブログサイトの問い合わせ先の有無で信頼度が変わりますので、設置しておくのがベターです。ちなみに、Riricoi Styleでは問い合わせ先を記載しないでも審査は通りました。(現在は問い合わせ先を自己紹介ページにて設置しています。)

質の高い記事を10記事以上投稿しておく

Googleアドセンスは、広告主がGoogleへ出稿した広告を個人や企業のホームページやブログで広告を張りつける仕組みとなっております。

つまりGoogleは広告主から広告料として報酬を得るのがメインとなっているのです。

ですから、広告が掲載されるサイトが広告主にとってふさわしいか、ふさわしくないかを判断する必要があります。

その為の判断基準として

Googleのユーザー(読者)にとって有益な情報が掲載されているか、風紀上問題の無い内容になっているか、法に触れる内容ではないかなど、厳密にチェックされます。

Googleアドセンス禁止事項

  • アダルトコンテンツ
  • 家族向けコンテンツに含まれる成人向けのテーマ
  • 危険・中傷的なコンテンツ
  • 危険ドラッグおよび薬物に関連するコンテンツ
  • アルコールに関するコンテンツ
  • タバコに関連するコンテンツ
  • ギャンブルとゲームに関連するコンテンツ
  • ヘルスケアに関連するコンテンツ
  • ハッキング、クラッキングに関連するコンテンツ
  • 報酬プログラムを提供するページ
  • 不適切な表示に関連するコンテンツ
  • 衝撃的なコンテンツ
  • 武器および兵器に関連するコンテンツ
  • 不正行為を助長するコンテンツ
  • 違法なコンテンツ

詳細はAdSenseヘルプを参照して下さい。

Googleアドセンスは、審査もありますし禁止事項も沢山ありますが、ブログが育っていくうちに報酬が安定していきます。

但し、ルールを守らないと一気に退場となります。

つまり!

Googleアドセンスだけに頼らず別のアフィリエイトで報酬を得る仕組みづくりも必要となってきます。

ブログで収益を安定して自動化していくためには一つのASPに依存するのはさけておくべき点です。

Googleアドセンスに頼らず自分で稼ぐ為の本気のアフィリエイト無料メール講座

特典無料講座を始める